第三番 粉河寺 : 西国三十三所

粉河寺は和歌山県の北部を流れる紀ノ川の北岸にあり、 最寄駅JR和歌山線粉河駅から大門まで門前町を形成し、約800mの道程である。

御詠歌  父母の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓ひ たのもしの身や
宗派 粉河観音宗(総本山) 開基 大伴孔子古
御本尊 千手千眼観世音菩薩 創建 宝亀元(770)年

参詣ガイド 地図 大きな地図で見る

住所
〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河2787
交通
  • 電車:JR和歌山線粉河駅下車 門前町徒歩15分
  • バス:JR阪和線熊取駅下車 粉河行乗車 45分
  • バスの時刻等のお問い合わせ ※0736-75-2151:和歌山バス
  • 車:阪和自動車道 泉南または和歌山インターからいずれも約35分
    ※当地でのお泊りは、指定旅館をご紹介いたします。
駐車場
(100台)
拝観料
重要文化財 粉河寺本堂の内陣拝観 お一人300円
拝観時間
8:00〜17:00
納経時間
8:00〜17:00
電話
0736-73-4830, 0736-73-3255
ウェブサイト
http://www.kokawadera.org/
一月一日 初詣
三月三日 流し雛(午後一時)
旧暦の初午の日 採灯大護摩供会(午後二時半)
八月九日 施餓鬼会(午前四時~午後十時)
八月十五日 不断経会と送り火(午前一時~午後九時)
十月第四土曜日 曼荼羅供会(午後一時半)
十二月十八日 童男会(午前六時~午後三時)
毎月十八日 観音月並法要(午後一時半)

奈良時代末、宝亀元年(770)、大伴孔子古が現在の本堂の場所に草庵を結び、千手観世音菩薩を本尊として粉河寺は創建された。 鎌倉時代には七堂伽藍が整い隆盛をきわめたが、天正13年(1585)、開創以来もっとも受難の年を迎えた。即ち豊臣秀吉は、天下統一の望みを達成するため、紀州攻めを敢行し、当寺より約10粁西にある新義真言宗の総本山 根来寺を中心に一帯は火の海と化し、粉河寺も全山焼失した。

従って、現在の諸堂は大小20有余数えられるが、何れも江戸時代の再建である。就中江戸中期の代表的な寺院建築物であり、西国に三十三所の中では最も大きい本堂を初め、千手堂・大門・中門の4棟は重要文化財に指定されている。

又、本堂前の左右に築造された粉河寺庭園は、桃山時代の枯山水の庭園で上田宗箇の作庭と云われ、名勝に指定されている。 草創のゆかりとなっている粉河寺縁起絵巻(国宝)を有する粉河寺は、壮大な寺観がもたらす歴史の重味と共に、観音信仰の寺として、いつまでも参詣の人々に安らぎを与え続けることであろう。