第十三番 石山寺 : 西国三十三所

天下の名勝真言宗石山寺は、山号を石光山、寺号を石山寺と言い、大津の南端、清流瀬田川の畔、伽藍山の麓に位置しています。西国第十三番の札所であり、奈良時代からの最古の歴史と伝統を持つ霊山です。

御詠歌  後の世を 願うこころは かろくとも ほとけの誓い おもき石山
宗派 東寺真言宗 開基 良弁僧正
御本尊 如意輪観世音菩薩 創建 天平19(747)年

参詣ガイド 地図 大きな地図で見る

住所
〒520-0861 滋賀県大津市石山寺1丁目1-1
交通
  • <電車> JRびわこ線石山駅下車。京阪電車の石山坂本線に乗り換え、京阪石山寺駅下車後、徒歩10分。
  • <バス> JRびわこ線石山駅下車。京阪バス石山団地行き、大石行き、外畑方面行きに乗り約10分。石山寺山門前バス停下車後すぐ。
  • <車> 京都方面からは名神高速道路瀬田西I.C.より、名古屋方面からは名神高速道路瀬田東I.C.より、宇治方面からは京滋バイパス石山I.C.より。
駐車場
(80台)
拝観料
600円
拝観時間
8:00〜16:00
納経時間
9:00〜16:00
電話
077-537-0013
ウェブサイト
http://www.ishiyamadera.or.jp/
元日 午前0時開門
元日 午前2時除夜の鐘
元日 午前4時より香水加持法要
正月三ヶ日 初詣(午後1時より修正会大祈祷厳修)
一月二日 初内供(午前9時より厳修)
一月十六日 初開山(午前9時より厳修)
一月十七・十八日 初観音(午前10時より厳修)
初牛玉さん(門前市)※十八日のみ
一月二十一日 初弘法(午前9時より厳修)
一月二十八日 初不動(午前10時より弘法大師御作厄除け不動明王御宝前において護摩祈祷厳修)
二月三日 節分星祭り(午前8時・午前10時・午後1時) 護摩祈祷
二月第四土曜日 初午(午後10時30分、大森社、子供御輿町内巡行)
三月十八日~六月三十日 春季「石山寺と紫式部」展(於・豊浄殿)
三月彼岸 春季彼岸会先祖供養(開白・中日・結願)
四月二十一日 弘法大師御忌法要(午前10時)
五月第三日曜日 青鬼祭(午前9時30分)
五月五日 石山祭り(三十八所権現社大祭、午後2時30分大御輿境内巡行)
五月八日 お花祭り(午後10時より厳修)
八月九日 千日会法要(午前10時より厳修、午後7時より厳修)
石山花火大会
八月十三日~十六日 孟蘭盆会(毎日午後4時より)
八月十五日 世界平和祈願法要(午前11時より)
平和の鐘(正午より)
八月十六日 送り火法要(午後3時30分より、於・表境内)
八月二十六日 毘沙門会法要(午前10時より)
九月大彼岸一週間 秋季彼岸会
九月二十五日~二十七日 秋月祭
十一月十四日~二十九日 もみじライトアップ(予定)
十二月一日 三十八社以下鎮守お火焚き(午前6時より)
十二月六日~八日 仏名会(午後1時より厳修)
大森社お火焚き(午後3時30分)
十二月十三日 事始め・大掃除
十二月十八日 終観音(午前10時より)
十二月二十一日 終弘法(午前9時より)
十二月二十六日 正月用餅つき
十二月二十八日 終不動(午前10時より)
十二月三十日 迎春準備(午前8時30分より、正月用餅かざり・〆縄はり)
十二月三十一日 大晦日

奈良時代、聖武天皇の勅願により、良弁僧正によって開かれた石山寺は、巨大な硅灰石(天然記念物)の上に建立されたことからその名があり、その硅灰石の上に坐す本尊は、安産・福徳・縁結・厄除けに霊験あらたかな秘仏 如意輪観音菩薩です。

 慶長年間、淀殿の寄進によって改築された本堂(国宝)には、紫式部が世界最古の長編小説『源氏物語』を起筆したという「源氏の間」があります。

 また、多宝塔(国宝)や御影堂(重文)などの建造物、本尊如意輪観音の胎内仏四躯(飛鳥~天平、重要文化財)などの仏像、石山寺縁起絵巻(重文)や源氏物語絵巻 末摘花(重文)などの絵巻物、薫聖教(国宝)や石山寺一切経(重要文化財)など約7000点にものぼる経典・聖教・古文書類のほか、紫式部と『源氏物語』にちなんだ作品が数多く伝えられています。

 一年を通じて、椿、梅、桜、ボタン、キリシマツツジ、花ショウブ、アジサイ、モミジ、サザンカなど、季節の花々が絶えない「花の寺」としても知られています。