第二十二番 総持寺 : 西国三十三所

総持寺の千手観音様は、亀に乗った観音様として有名で、子育て観音様、火除け、厄除け観音様と呼ばれています。また、開山藤原山蔭卿は本尊像立に際し、千日間に亘り料理を御供えした縁により包丁道の祖として、祀られています。毎年4月18日には、山蔭卿の御宝前に於いて、包丁式が行われます。

御詠歌  おしなべて 老いも若きも 総持寺の ほとけの誓い 頼まぬはなし
宗派 高野山真言宗 開基 中納言藤原山蔭
御本尊 千手観世音菩薩 創建 寛平2(890)年

参詣ガイド 地図 大きな地図で見る

住所
〒567-0801 大阪府茨木市総持寺1-6-1
交通
  • 阪急 総持寺駅下車5分
駐車場
(約20台)
拝観料
拝観時間
6:00〜17:00
納経時間
8:00〜17:00
電話
072-622-3209
ウェブサイト
http://www.sojiji.or.jp
一月 修正会
二月三日 節分会
三月 春季彼岸会
四月十五日より二十一日 本尊御開扉 西国御砂踏
四月十八日 山蔭流包丁式
五月 四国八十八所巡拝 前期
七月 土用丑きゅうり加持会
八月十五日・十六日 精霊送り
八月 施餓鬼会、ペット供養会
九月 坂東 秩父札所巡拝
九月 秋季彼岸会
九月~十月 四国八十八所巡拝 後期
十一月 七五三詣り

総持寺の縁起(歴史)

亀に乗った観音様として有名な総持寺は平安時代、中納言藤原山蔭卿により開かれました。亀の恩返しにより開かれた総持寺の御話は、今昔物語や源平盛衰記等にも紹介されています。

山蔭卿の父である高房卿は大宰府に赴任の途中、猟師たちが一匹の大亀を捕らえていました。高房卿は、自分の着物と交換し、大亀を河に放しました。 翌朝、河に落ちた山蔭は、昨日の大亀が元気な山蔭を背に乗せて現れたのです。

観音様の御恩に感謝した高房卿は観音様の造像を発願します。その後、高房卿は亡くなり山蔭卿が、父高房卿の遺志を継いで千手観音を像立し、総持寺を創建されました。