第七番 岡寺 : 西国三十三所

日本最初の厄除け霊場岡寺は飛鳥の東、山の中腹にあり、坂を上ると重要文化財に指定されている鮮やかな朱色をした仁王門があらわれる。本堂などはその奥、石垣の上に建ちならぶ。本尊、如意輪観音座像は塑像(土で造られた仏様)で、弘法大師の作と伝えられ、塑像としてはわが国最大の仏像である。また本尊は厄除け観音で知られ、古来より信仰を集めている。4月中旬からはシャクナゲの花約3000株が咲き誇り、桜、サツキ、秋には紅葉も美しい。さまざまな伝説を残した名僧、義淵僧正が創建した。

御詠歌  けさ見れば つゆ岡寺の 庭の苔 さながら瑠璃の 光なりけり
宗派 真言宗豊山派 開基 義淵僧正
御本尊 如意輪観世音菩薩 創建 天智天皇2(663)年

参詣ガイド 地図 大きな地図で見る

住所
〒634-0111 奈良県高市郡明日香村岡806
交通
  • 近鉄橿原神宮前駅東口から奈良交通バス岡寺前行き16分 岡寺下車、徒歩10分 (近鉄岡寺駅からはバス・タクシーの便は無い)
駐車場
(但し民営駐車場有約50台)
拝観料
一般 (大学生以上): 400円 (団体50名以上 320円)
高校生: 300円 (団体50名以上 240円)
中学生: 200円 (団体50名以上 160円)
拝観時間
8:00〜17:00, (但し12/1〜2/末日 8:00〜16:30)
納経時間
同上
電話
0744-54-2007
ウェブサイト
http://www.okadera3307.com
元日 開帳法要・新春やくよけ護摩供法要
1月1日~31日 新春やくよけ祈願祭
1月18日 初観音
1月28日~2月3日 星まつり
2月初午の日 初午法会 開運厄除護摩供大般若法要
3月初午の日 初午大祭 開運厄除護摩供大般若法要
4月中旬~5月上旬 シャクナゲ祭り
10月第3日曜日 開山忌野点茶会・三重宝塔壁画扉絵特別公開
11月中旬~12月上旬 紅葉まつり
12月18日 納観音
12月31日大晦日 除夜の鐘

昔ながらの佇まいを今に残す参道を上ると鮮やかな朱色をした桜門様式の仁王門が現われる。国の重要文化財に指定されている。本堂、内陣には本尊の如意輪観音菩薩が安置されており古くから厄除け観音として信仰を集めてきた。奈良時代の作で、高さ4.6mの塑像は日本最大の土佛である。もとは彩色がしてあったというが、今はほとんどが剥落してしまいわずかに唇に朱が残っている。重文に指定されており、弘法大師がインド、中国、日本と三国の土を合わせて造ったという壮大な寺伝がある。

創建は天智天皇2年(663)に義淵僧正が岡宮の跡地に寺を建立したのがはじまりと伝えられている。義淵僧正は日本の法相宗の祖といわれているが、その出生は謎である。寺伝によると子供に恵まれない夫婦が祈願した末に、家の柴垣の上に白い布にくるまれて置かれていた赤子が義淵僧正だったという。観音菩薩の授かりものと大事に育てられ、それを聞いた天智天皇が引き取り、岡の宮で養育された。後に義淵僧正は岡宮を譲り受けた。

龍蓋寺の名前の由来になった伝説も残っている。大雨や強風を巻き起こし村民を苦しめていた龍をその法力をもって池に封じ込め、そこに大きな石で蓋をしたという。その時の池が本堂前にある龍蓋池である。境内には重文の書院の他、開山堂、弘法大師を安置する大師堂、三重宝塔、鐘楼堂、十三重石塔などがある。